アクセスランキング ブログパーツ

韓国・韓流を中心に今話題の情報をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【韓国】朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった 文の国が生きていく方法 [07/02]

1:2013/07/02(火) 17:39:49.40 ID:
【コラム】“文の”が生きていく方法=韓国 2013年07月02日14時33分[? 中央日報/中央日報日本語版]

武侠誌をこっそりと読んで先生の一撃を食らった人たちは知っている。重い生活が想像力の空間
ではどのように軽く浮上するかを。肉体をむずむずさせながら夢を育んでいた青少年時代を支えてく
れた力は、担任先生の一斉掃討戦で取り上げられた不穏の書籍だった。成長痛と未知の好奇心を満た
してくれた英雄的ファンタジー、儒教的訓話の公敵だった伝奇的想像力の火種が改めて思い出される
のは、中が見せた世界的な宇宙ショーのためだ。

35歳の女性宇宙飛行士の王亜平が340キロの上空で行った水滴実験は特別なものではないか
もしれない。それよりも、中の青少年6000万人を一斉にファンタジー空間に引き込み、そこに
未来科学強を建設する青少年の夢を予約したということに注目したい。夢とファンタジーは科学を
育てる生長ホルモンだ。不穏な夢と空想的ファンタジーがともに文学の領域なら、文学は科学を孵化
させるインキュベーターであるはずだ。“修辞学の大”中国はこうした脈絡を正確に把握していた
。科学は文学から出発するという事実のことだ。米国はスペースシャトルをそのまま「発見(ディス
カバリー)」と命名したが、中国は「神舟」と呼び、宇宙基地を「天宮」と名付けた。“神妙な飛行
船”が着くところが“空の宮殿”という意味だが、中国人はそこに上帝が暮らしていると信じる。上
帝を謁見しにいく飛行船に王亜平が搭乗し、彼女が見せた水滴の奇妙な変形から上帝の手を感じただ
ろう。神舟に乗って上帝に会いに行くという、この途方もない文学的想像力を実現する手段が科学だ。

世の中を変えた宗教改革もこうした想像力で起きた。人並み外れて懐疑心が強かったマルティン
・ルターは鐘塔の小部屋で問い続けた。神はどこにいるのか。ある日、啓示がきた。免罪符を買うた
めの賽銭の音ではなく、信念と聖書の中に神は存在していることを悟った。「神への旅行」を自分に
来る「神の旅行」にこっそり変えたこの文学的想像力は、中世欧州を近代に開びゃくさせた原動力だ
った。王亜平の実験が6000万人の中国青少年に「上帝の実存」を見せたとすれば、それは中国科
学の開びゃくをもたらすだろう。神舟に乗って天宮に行き、上帝に会うというこの中国的な宇宙シナ
リオの背景に流れる文学の力はとてつもないということだ。つづく

http://japanese.joins.com/article/392/173392.html?servcode=100&sectcode=120

▼関連すれ

韓国】名門大学の学生が大学図書館で借りる本は、日本小説・マンガなどが大半。高校時代も全く読書せず [09/2/14]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1234573463/

韓国】漫画月間ベストセラーで「けいおん!」が1位に。1位~19位はすべて日本作品 ★2 [12/03]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1260000151/

韓国】11月の人気漫画&ラノベランキング、1位から17位まで日本作品 ワンピースが1位、進撃の巨人もランクイン [12/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1322710670/

韓国】6月の人気コミック&ラノベ、1位から20位まで全て日本作品 韓国
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1309451110/

【韓国】9月の人気コミック&ラノベ、1位から18位まで全て日本作品 韓国コミックストーム集計 [10/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1317395656/

【韓国】「創造的人間を育てよう」…韓国の知性が動き出す 韓国の「創造指数」は世界38位、調査対象国のうち下から2番目★2[07/16]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1247726135/

2:2013/07/02(火) 17:40:13.74 ID:
>>1
のつづき
ところが韓国の科学には文学がない。今年1月30日に打ち上げに成功した宇宙船はただの「羅
老(ナロ)号」であり「羅老科学衛星」だった。何のときめきもない。科学的概念の米国の「ディス
カバリー」はこれよりは少しましだ。ミサイルを暴力団のように扱う北朝鮮も発射体(「銀河」)の
名付け方を知っている。名前だけではない。最初の宇宙飛行士に選ばれたコ・サン氏はセキュリティ
ー規定違反という不名誉で下車した。地球を軽く離陸する宇宙飛行士にも地球の現実的規定が重い重
力のように適用される悲しい光景を目撃した青少年は何を考えるだろうか。ロシア宇宙船ソユーズ1
2号に乗って10日間にわたり宇宙ステーションで過ごした韓国初の宇宙飛行士イ・ソヨン氏は今、
科学者の夢をあきらめてMBA課程を踏んでいる。科学からビジネスに亡命するまでの心境は複雑だ
ったはずだ。彼女が夢をたたむ中で夢を見る人は出てくるのだろうか。文学の貧困、空想的ファンタ
ジーに得失の経済学を適用する冷静なマインドでは科学韓国の未来はない。

朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった。文が
人格であり実存だった国の大統領が「想像力の大国」を訪問した。「項羽が山を抜き(力抜山)」「
一飛びに9万里ものぼる大鵬」の修辞学にそれでも陥没しないのは、大統領の卓越した中国語実力も
そうだが、真情性を大切に考えた韓国人の文学的遺伝子のおかげだ。訪問を心信之旅(信頼を築く旅
行)と呼び、事業パートナーになるにはまず友人になるべき(先做朋友,後做生意)という名句節も
残した。成果も少なくない。核問題と韓中自由貿易協定(FTA)、北東アジア安保協力網も包括的
な合意を得た。中国主席の習近平は韓中関係が一段階発展したことを祝う書道作品を贈った。唐の王
之渙が書いた詩に「欲窮千里目、更上一層楼(=千里を眺めようと楼閣をさらに一層上がる)」とあ
る。朴槿恵大統領は精華大での演説で「中国の未来は韓国の未来とつながっている」と述べたが、ど
うせなら北京空港での離別の時に1首残して来てはどうだっただろうか。文学的な想像力で歴史的・
戦略的な距離を一括溶解するのが“文の国”が生きてきた方法ではなかったのか。

宋虎根(ソン・ホグン)ソウル大教授・社会学
27:2013/07/02(火) 17:50:29.69 ID:
>>2
> 朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した
> 文学強国だった。

なんて名前の人が、どんな文集を出したのか、具体的に言ってほしいものだな。
38:2013/07/02(火) 17:53:19.57 ID:
>>27
魔法の言葉、「日帝」、「秀吉」
65:2013/07/02(火) 18:03:28.66 ID:
>>38
旭日旗がー
慰安婦がー
58:2013/07/02(火) 18:01:22.83 ID:
>>2
>高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった

その文集を10冊くらい教えてくれんか??
110:2013/07/02(火) 18:17:35.47 ID:
>>2
>朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった。

それが本当なら一文でも書き出してみなよ?w
375:2013/07/02(火) 20:27:06.25 ID:
>>2
「H-2などと言う名前をつけた倭猿の文学能力はカス」まで読んだ。
379:2013/07/02(火) 20:33:22.65 ID:
>>375
あっ!ちょうどいいや。
韓国の文学作品出来れば古典教えて。
471:2013/07/03(水) 00:43:37.21 ID:
身分に関係なく教育を受けられる現代に
充分に高い教育を受けたはずの「先生」が
金を得る為に書いた文章が>>1-
>>2
の意味不明文って時点でお察し

文法も語彙も近いのに、この程度の翻訳にも耐えられない脆弱な文章
過多な形容詞も多様性に欠く上に、相応しい使い方をされてるとは言えない
何より基本文法が散漫すぎて何を言いたいのかわからない

他国の古典を読み込んで、もうちょっと言語体系を整理しろ
72:2013/07/02(火) 18:05:56.51 ID:
>>1
などと意味不明な供述を繰り返しており、動機は未だ不明
90:2013/07/02(火) 18:12:24.38 ID:
>>1
物凄い嘘をつくなww
103:2013/07/02(火) 18:16:34.31 ID:
>>1
【学問】世界トップ100大学ランキング 東大14位、京大15位、ソウル大40位 100位圏内に日本は6校、韓国は1校 [07/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372754618/
170:2013/07/02(火) 18:36:08.02 ID:
>>1
> 肉体をむずむずさせながら夢を育んでいた青少年時代を支えてくれた力は、

レイプ?
205:2013/07/02(火) 18:45:53.00 ID:
>>1
 の日本語訳文章読んでみて

引用とか例え話が多くて回りくどいわりに、内容がうすいのがウンザリさせる文章なんだけど
ハングルで書いてある原文を読んでみても、そういう印象になるのかな?
221:2013/07/02(火) 18:50:23.56 ID:
>>1
病気だわ。
332:2013/07/02(火) 19:40:45.75 ID:
>>1
日本でひらがなだけで卒論書いて学位もらうような国だから
文学って無理だろ
333:2013/07/02(火) 19:42:25.99 ID:
>>332
「文が苦」はどうでしょう
350:2013/07/02(火) 20:00:36.69 ID:
>>1
    ∧,,∧ 
   ミ..Θ。Θミ  糞書乞う儒?
   (ミ;;;;;;;;;;ミ)   
  ~ミ;;;;;;;;;;ミ
    ∪"∪   シュゴー
(((∈三三∋ノシ...。,
352:2013/07/02(火) 20:02:50.59 ID:
>>1
あれ、で肝心の朝鮮文学の傑作って、どんなのがあるの?
寡聞にして聞いたこともないんですが?
365:2013/07/02(火) 20:14:24.15 ID:
中曽根康宏が、韓国人の書く文章は世界で一番優れているみたいな
こといって、韓国の文章もちあげたことあったが、
>>1
やその他の論文
みてる限り、とてもそうとは思えないw
405:2013/07/02(火) 21:00:29.07 ID:
>>365
忘れちゃイカン。当時の韓国人は漢字が使えたんだぞ
408:2013/07/02(火) 21:03:19.30 ID:
>>405
あ、なるほどねえ、みんな四書五経を暗記してるレベルなら
そりゃ漢字がつかえれば、立派な文書書けるだろうなぁ。

まあ、いまどきの韓国人で四書五経暗記してるやつなんざ
ひとりもいないだろうが。でも、「文の国」というイメージだけは
受け継ぎたいというねじれが
>>1
の文に現れてるわけだな。
378:2013/07/02(火) 20:31:03.09 ID:
>>1
ところで、韓国の文学作品ってどんなのがあんの?
高校の時、同級生の在日に聞いたこと歩けど教えてくれなかった( ´・ω・`)
386:2013/07/02(火) 20:40:36.62 ID:
(丶`∀´) ウリは日本人だが
>>1
の言うとおりと思うニダ
387:2013/07/02(火) 20:41:42.32 ID:
>>386
北鮮も下朝鮮も独立したぞ。
391:2013/07/02(火) 20:44:47.37 ID:
>>1
文の国の文士を気取るなら
まずその読みにくすぎる糞文をなんとかしろ
392:2013/07/02(火) 20:48:12.41 ID:
>>1
>朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった。

 具体例がなにひとつ記事に記載されてませんが・・・???
406:2013/07/02(火) 21:01:13.36 ID:
>>1
そのわりには、国を越えて文物、名文古典が届かないのは何故だ!
424:2013/07/02(火) 21:23:17.92 ID:
>>1
思いっきりオナってるだけだろコレw
426:2013/07/02(火) 21:25:14.92 ID:
つーか
>>1
の東スポを飾り立てただけのような長い駄文をなんとかしろ
431:2013/07/02(火) 21:37:32.96 ID:
>>426
東スポに謝れよ、まず土下座な
432:2013/07/02(火) 21:37:58.22 ID:
>>431
m(__)m
441:2013/07/02(火) 22:17:36.20 ID:
>>1
高尚な人なら出すのは当たり前だろうにw

そこらの農民でも日記が書ける国ぐらいにならないと駄目だよ
521:2013/07/03(水) 14:37:17.95 ID:
>>1
聞いた事ねえわそんな話www
3:2013/07/02(火) 17:40:47.60 ID:
漢字読めないくせに。
13:2013/07/02(火) 17:46:23.85 ID:
>>3
が全てだww
確かに朝鮮の支配者層は漢字漢文をこなしていただろうがww
そういう階級がどれくらいいたの?と言う話になるし
しかも、漢字が読めなくなったからww
383:2013/07/02(火) 20:36:13.08 ID:
>>13
韓国人の8割以上は支配階級の末裔ですがww
395:2013/07/02(火) 20:50:59.78 ID:
>>383
王侯貴族が数世代の人口増加で総人口5000万の8割4000万が支配階級の末裔?
朝鮮王朝末期の1906年の人口が980万、その中の支配階級なんて1割にも満たない
朝鮮王朝時代は国民の4割が奴隷だったのが現実、妄想は止めて現実をみなきゃだめ
417:2013/07/02(火) 21:16:08.12 ID:
>>13
しかも李朝末期は、かのイザベラ・バードによると、朝鮮で使われていた漢文法は古すぎて支那では殆ど通用しなかったらしいがねw
418:2013/07/02(火) 21:17:43.39 ID:
>>417
なにをとっても停滞してたんだな
国民全員俺みたいなもんだな
だるいわ
429:2013/07/02(火) 21:31:40.69 ID:
>>418
儒教原理主義だもん。
しかも勝手に都合の良い様に解釈した。
339:2013/07/02(火) 19:47:40.42 ID:
>>3
書き込もうと思ったら最初に書かれてた
7:2013/07/02(火) 17:44:06.30 ID:
オナニーなら家に帰ってからやってくれ
12:2013/07/02(火) 17:46:13.49 ID:
以下“文鮮明”禁止。
94:2013/07/02(火) 18:14:02.70 ID:
>>12
文鮮明は偉大だ!と言おうと思ったのに・・・。m9('A`)
360:2013/07/02(火) 20:10:46.96 ID:
>>12
やはり禁止されてましたか…
24:2013/07/02(火) 17:49:14.64 ID:
しかしソウル大ってのはこんなのばっかだな

昔Naverで真紅たちに虐められてたのもたしかソウル大の教授だったよなw
70:2013/07/02(火) 18:05:23.89 ID:
>>24
イソジンだかイテジンだかそんな名前のw
26:2013/07/02(火) 17:49:53.68 ID:
韓国云々とか抜きにしてメディアが自国の大統領をここまで褒め称えるなんて凄いな
日本人には信じられない
82:2013/07/02(火) 18:08:56.92 ID:
>>26
安倍が「美しい国」「自国を誇りに思う教育」をしようとしたらカスゴミが叩きまくった日本とは違うな。
日本はカスゴミの自虐的思感をやめさせないと
35:2013/07/02(火) 17:53:06.64 ID:
>高尚な人なら誰もが文集を出した

どれくらい現存してるの?
47:2013/07/02(火) 17:58:08.93 ID:
>>35
超時空太閤秀吉に全て焼かれて現存いません。
何故か中国にも日本にも残っていないくらい
徹底的に破壊されました。
59:2013/07/02(火) 18:01:44.48 ID:
>>47
秀吉や秀吉軍ってものすげーヒマだったんだな

戦いよりも、資料燃やしに徹底的とは
66:2013/07/02(火) 18:03:39.89 ID:
>>59
太閤直属の焚書部隊は有名だからなぁ
71:2013/07/02(火) 18:05:49.86 ID:
>>66
焚書部隊(爆笑)

なんだそのもろ中華チックな部隊wwwww
56:2013/07/02(火) 18:00:40.24 ID:
>>35
多分、ヒデヨシが全部燃やしたんだろ
37:2013/07/02(火) 17:53:18.40 ID:
寧ろ李氏朝鮮は、
オーウェルの"1984"やブラッドベリの”華氏451”のイメージなんだけどなあw
>国家が歴史改竄&愚民政策
46:2013/07/02(火) 17:57:52.25 ID:
>>37
焚書か
39:2013/07/02(火) 17:53:34.02 ID:
つい数年前に、世界初の恋愛長編小説『源氏物語』は、誕生1000年だったね。
425:2013/07/02(火) 21:24:00.60 ID:
>>39
源氏物語を読んだフランス人出発関係者の感想。

『面白い小説だけどフランス文学の影響が見て取れるわねw』

それ1000年前の作品ですよ

『へっ!?・・・・』
43:2013/07/02(火) 17:56:38.28 ID:
文学はあったニダ。
記す紙がなかっただけニダ。
54:2013/07/02(火) 17:59:51.85 ID:
>>43
木版印刷本が普通に庶民相手に売ってた日本の江戸時代が特別だったと言う(略

欧米も単なる包み紙に古い浮世絵使ってるのにびびるほどw
45:2013/07/02(火) 17:57:29.73 ID:
しかし世界は「千年も前にこんな本格的な女流文学が生まれていたなんて」と紫式部に驚いていたのであった
55:2013/07/02(火) 18:00:06.68 ID:
>>45
紫式部は朝鮮人ニダって言いはじめるからやめなはれ
49:2013/07/02(火) 17:58:48.65 ID:
なんだこの駄文は、最後まで読んだ自分がバカみたいだ。
60:2013/07/02(火) 18:02:09.79 ID:
>>46
焚書+文字情報による伝達を封鎖してた感がね

儒教ファシズムと言うか強引な思想統一と言うか
>李氏朝鮮~現在もw

>>49
なんていうか、何を言いたいかワカランですぬw
>>1
62:2013/07/02(火) 18:02:38.46 ID:
文集くらい小学生でも出したわい
わら半紙とガリ版でな

わら半紙って今コピー用紙より高いのな
69:2013/07/02(火) 18:04:15.98 ID:
>>62
あー、私もmixiで書いてる短篇の内の幾つかは

中学高校の時に書いたのの焼き直しだなぁ・・・・
>文学少年が一度は通る道!
114:2013/07/02(火) 18:19:09.04 ID:
>>69
疑問ですが、mixi に入会しなくてもその短編は読めますか?
75:2013/07/02(火) 18:06:50.30 ID:
南鮮ノーベル文学賞「候補」コ・ウン氏の高尚な作品

>>301
「ぞうきん」

風が吹く日
風に洗濯物がはためく日
私はぞうきんになりたい
卑屈ではなく ぞうきんになりたい
我が国の汚辱と汚染
それがどれほどか問うまい
ひたすらぞうきんになって
ただ一ヶ所でも謙虚に磨きたい
ぞうきんになって 私が監房を磨いていた時
その時代を忘れまい

私はぞうきんになりたいね
ぞうきんになって
私の汚れた一生を磨きたい

磨いた後 汚れたぞうきん
何回でも
何回でも
耐えられなくなるまで濯がれたいね
新しい国 新しいぞうきんとして生まれ変わりたい
478:2013/07/03(水) 01:57:14.93 ID:
>>75
BAKUのぞうきんの方がいいな
77:2013/07/02(火) 18:07:52.71 ID:
>朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった。

そもそも「高尚な人」がいたためしがないw いずれにしても無理筋で自慢しようとすんのはやめとけwww
111:2013/07/02(火) 18:17:59.75 ID:
>>77
国によって高尚の定義が違うかもしれんから
韓国では放火や強姦に明け暮れてる人を高尚と言うかもしれない
81:2013/07/02(火) 18:08:46.27 ID:
そうか、高尚な人がゼロならば、文集がゼロでも式が成立するな!
85:2013/07/02(火) 18:10:02.66 ID:
>>77
>>81
一方、日本では百姓が論語を暗唱していた
91:2013/07/02(火) 18:12:24.91 ID:
> ところが韓国の科学には文学がない。
まぁ、大昔書いたWebアプリケーションの作り方の原稿を
韓国で翻訳したいという話がきてるけど原稿料500円以下だから
支払いは図書券になるとか そんなレベルだし。
40ページ500円ってw

後から話聞いてないから流れたみたいだけどw
468:2013/07/02(火) 23:43:10.31 ID:
>>91
おそらく勝手に翻訳して使われてる
92:2013/07/02(火) 18:12:37.67 ID:
秀吉が燃やさせたって言われてるけど朝鮮歴史の大半の書物などは前王朝を倒すと次王朝がすべて焼き捨ててたわけだから。
今ないのはすべて
秀吉が原因だから日本が悪いって考えは朝鮮低脳なんだよなwwww
101:2013/07/02(火) 18:15:56.58 ID:
>>92
いくら焼き捨てても、古代から近世までは支那の記録魔たちが、
近代以降は日本の記録魔たちが、簒奪や愚行の数々を永久
保存してしまう。
102:2013/07/02(火) 18:16:24.08 ID:
南鮮ノーベル文学賞「候補」コ・ウン氏の作品

小船

船がありました、小船がありました。
とても小さい船がありました。
船がありました、小船がありました。
とても小さい船がありました。

小さい船では
旅立つことができません。
遠くまで行くことはできません。
はるか遠い所へ行く事はできません


酔っ払い       
 
俺はただ一度も個体ではなかった
細胞六十兆!
俺は全部で暮らしている
千鳥足 ばかなまねをしているね
酒に酔った細胞 六十兆!

一方、三島由紀夫11歳の時の作文

「我が国旗」

徳川時代の末、波静かなる瀬戸内海、
或は江戸の隅田川など、あらゆる船の帆には白地に朱の円がゑがかれて居た。
朝日を背にすれば、いよよ美しく、夕日に照りはえ尊く見えた。それは鹿児島の大大名、天下に聞えた
島津斉彬が外国の国旗と間違へぬ様にと案出したもので、是が我が国旗、日の丸の始まりである。
模様は至極簡単であるが、非常な威厳と尊さがひらめいて居る。之ぞ日出づる国の国旗にふさはしいではないか。
それから時代は変り、将軍は大政奉くわんして、明治の御代となつた。
明治三年、天皇は、この旗を国旗とお定めになつた。そして人々は、これを日の丸と呼んで居る。
からりと晴れた大空に、高くのぼつた太陽。それが日の丸である。
117:2013/07/02(火) 18:20:22.66 ID:
>>102
これは初めて見た
415:2013/07/02(火) 21:14:33.60 ID:
>>102
三島先生スゲー
436:2013/07/02(火) 21:52:39.14 ID:
>>102
ウンコ先生もうちょっと頑張ってwww
108:2013/07/02(火) 18:16:59.57 ID:
【捏造中】  ウリナラファンタジー 【創作中】
          __
        /  ../)
        三三)/)
  __    三三)/           __
/  ../) こうだったハズニダ♪   /  ../)
三三)/)   ∧_,,∧   ∧_,,∧   三三)/)こんなはずないニダ!
三三)/   < `∀´>  <`∀´ ;>  三三)/ かんしゃく起こるニダ!
   ∧_,,∧ と  φ)  (つ φ)  ∧_,,∧     __
  < #i!`Д>/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄<田´#>  /  ../)
  / _∧_,,∧口  ∧_,,∧ ⌒   φと_   ヽ  三三)/)
  (/<   `>口 <   #>φ/⌒//(__ム  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐' ウリらは、こうだったに違いないニダ!
/  ../)       __    歴史はつくれるニダ!
三三)/)     /  ../)     〃∩ ∧_∧ウェーハハハ♪
三三)/)     三三)/)     ⊂⌒< `∀´>
三三)/      三三)/       `ヽ_っ⌒/⌒c
118:2013/07/02(火) 18:20:38.23 ID:
>>108
これ、史実だからなあ。
支那の史書や出版物を裏ルートで手に入れては、歴代王朝にクレームを入れていた。
115:2013/07/02(火) 18:19:40.53 ID:
文化系の国といいながら、形容詞、詩的表現が乏しい国
美人を形容するのに「花のような」しか記事で読んだことないんですがー
中国のが余程語彙が豊富だぞ
120:2013/07/02(火) 18:21:32.70 ID:
ちょっと潜ってみたが、散逸率が高いようだな
ハングルは便所文字として蔑視されていたし、漢文は情緒を記すには不適なのでしょうが無い。
確かに両班達は漢文が書けることが必須だが、出版したり後世に残すほどのものがあったかどうか

井伊直弼なんかも、和歌集や茶道の奥義書を書いているしなあ
126:2013/07/02(火) 18:24:10.14 ID:
>>120
李白に情緒がないとな!?
157:2013/07/02(火) 18:32:58.17 ID:
>>126
李白の漢詩もレ点と送り仮名さえ振られれば
今の日本人でも読めるってあるいみすごいことだよな
188:2013/07/02(火) 18:41:21.40 ID:
>>126
なんか李白と杜甫って、
日本で言えば
小林一茶と松尾芭蕉の感じがするんだよね。

自然に流れるように歌ってるのが前者。

不自然に綺麗に文書まとまってるのが後者(考え抜いて文をいじった感)。
129:2013/07/02(火) 18:24:32.05 ID:
>>120
日本人はうつろいゆくもののはかなさを感じているから、
とにかくなんでも記録したがる。だから官民問わず、いろんな記録物がある。
記録したがるから識字率が高いのか、識字率が高いから記録したがるのかしらないが、
結果的に多くの古文が残されたんじゃないかなと思っている。
137:2013/07/02(火) 18:25:30.04 ID:
>>129
日本人の記録癖は習性とか本能のレベルだよな
147:2013/07/02(火) 18:29:17.17 ID:
>>137
記録するからには人に見られることも意識するわけで、
自然と文章そのものが磨かれて日本語も洗練されたのでは、とも思っている。

しかし、ネット時代になってツイッターとかで思ったことをそのまま記録するものが続出し、
今や馬鹿発見器と揶揄されるまでに(w

まあ、これも記録好きの弊害ではあると思う。
151:2013/07/02(火) 18:31:50.69 ID:
>>147
ツイッタについてはまあ仕方ないだろう
時期が変わってたら2chがバカ発見器と呼ばれてただろうし
155:2013/07/02(火) 18:32:32.12 ID:
>>147
ミクシやツイッターは体のいいバカ発見器って感じになってますよね。
どうして、何も制限なく他人からみられるようなところで、そういう犯罪的なこととか呟いたり誇ったりするんだろうか…と。


日本人って、記録癖もさることながら、蒐集癖も異様ですよねw
172:2013/07/02(火) 18:37:08.23 ID:
>>151
この板では毎日のように半島産のバカが発見されています(w

>>155
リアルでは絶対に暴露しないこともネットでやっちゃうのは何故だろう?
ネットの暴露能力を知らないのかな? リアルよりもずっと怖いのに。
蒐集癖は、もったいないという言葉を生んだ国ですし(w
180:2013/07/02(火) 18:39:53.06 ID:
>>172
このスレに新たなバカが来たのかな?
186:2013/07/02(火) 18:40:55.86 ID:
>>180
発見! と言うよりも部屋にヤブ蚊が飛び込んできた気分(w
185:2013/07/02(火) 18:40:46.33 ID:
>>172
自分が書いた文章が瞬時に数万・数十万の人に共有されると言う経験は
ネットが発達した現代になって初めて身近になったものですので、
これを日常生活で想像するというのは中々難しいことだと思います。

IT関係車でしたらhttpサーバの技術などに触れていますから
割りと直感的に理解しているのですが。
195:2013/07/02(火) 18:43:04.72 ID:
>>185
>IT関係車でしたらhttpサーバの技術などに触れていますから
>割りと直感的に理解しているのですが。


結構そうでもない。
いっぱい勉強しましたから。w
208:2013/07/02(火) 18:47:08.52 ID:
>>195
まぁ、分野によるかもね。Web系以外は辛いか。
そういえばCOBOLerでプロキシしらん奴が居たな。
職場でハッテン場ばっか閲覧しやがって、プロキシのログ見せたら青くなってた。
201:2013/07/02(火) 18:45:04.31 ID:
>>185
私はネットを始めた頃から、絶対に実名は出さないと心に決めていた。
ITは詳しくなかったけど、身近に詳しい人がいて、色々アドバイスしてもらいました。

最近ツイッター始めた人って、そういう人が身近にいないから炎上するのかな?
211:2013/07/02(火) 18:47:42.36 ID:
>>201
実名じゃなくても自分の書いた文章がネットに永遠に残ってるって怖いよなー。
それが有るから匿名でも迂闊なことが掛けないし
twitterとか神経ばかり磨り減りそうで絶対に出来ないわ。
215:2013/07/02(火) 18:48:57.55 ID:
>>211
ちょっと検索すれば自分の黒歴史がもさっと出てくるのがネット世界
220:2013/07/02(火) 18:50:04.48 ID:
>>215
や、やめろ!わ、私の黒歴史に触れるんじゃないっ!!
227:2013/07/02(火) 18:52:09.70 ID:
>>215
当たり障りの無い事しかカキコして来なかったので
検索しようにも書いた文章を思いだせんw
233:2013/07/02(火) 18:53:18.47 ID:
>>227
でもたまに自分の書いたレスがコピペとなって出回る事あるよねw
ひとりニヤリとほくそ笑むけどw
264:2013/07/02(火) 18:59:26.70 ID:
>>233
ニダーのAAで自分が過去に改変した奴を偶に見るなぁw
ちょっと恥ずかしいw
235:2013/07/02(火) 18:53:59.79 ID:
>>225
ラノベってかなり下地の多いジャンルだぞ。

>>227
大昔に作ったサイトの名前をググると
出てくる…
249:2013/07/02(火) 18:56:45.55 ID:
>>234
百済書紀とかw

>>235
ある程度本を読まないと書けないね。
ある程度の知識が必須だし。
262:2013/07/02(火) 18:59:03.36 ID:
>>249
知識と言うか、資料集めなんかが面倒くさい。
自分は絵を描くほうだけど、椅子の裏側とか机の引き出しの中とか、結局現物見ないと。カタログに写真とか無いしw
253:2013/07/02(火) 18:57:21.28 ID:
>>235
純文学なり何なり本格的な文学があってこその
「ライト・ノベル」と言う位置づけであり、

何も無いところにいきなりライトノベルではない。

下地がない韓国には永遠に無理な世界。
245:2013/07/02(火) 18:55:26.43 ID:
>>227
昔、自分で作った1000取り用のAAがまだ見つからない…orz
271:2013/07/02(火) 19:01:58.13 ID:
>>245
aaを使った時期さえわかれば、
自分のコテハンを必死チェッカーで探せば見つかるんじゃない?w
275:2013/07/02(火) 19:05:28.80 ID:
>>271
もう十三年くらい前だしなぁ。

一応探してみますわ。
278:2013/07/02(火) 19:08:15.10 ID:
>>275
2ch最初期か…
240:2013/07/02(火) 18:54:59.10 ID:
>>215
大昔に書いた創作は確かに恥ずかしいw
人に読まれることを前提にしてないし。
254:2013/07/02(火) 18:57:23.41 ID:
>>240
日本で本来日記は実質業務日誌だから沢山残っているのな
222:2013/07/02(火) 18:50:46.98 ID:
>>211
加点主義な世の中とも言える。
何かをマイナスして無かった事には一切できない世の中。
黒歴史は大量のプラスの積み重ねで希釈するしかない。

まぁ、まだ、IDリセットしちゃうって手があるけど、
だんだんそれも難しくなってくるだろう。
238:2013/07/02(火) 18:54:21.24 ID:
>>222
必至チェッカーもどきとか見れば
東亜のスレも15年分くらいは見れるしね。
まぁ、名無しだと大量の名無し埋もれて
自分のカキコを探すのも大変だけどw
242:2013/07/02(火) 18:55:06.42 ID:
>>238
え?

そ、そんなに…。
やばい。コテをかくしたままにしようw
259:2013/07/02(火) 18:58:31.12 ID:
>>242
そんなぁ・・・w


しかし、コテをひっそり引退する人がいるってのは寂しいもんじゃありませんか
昨日まで話してた人がいることもわからないなんて・・
223:2013/07/02(火) 18:50:48.42 ID:
>>211
いや、その瞬間の人格や人生が、電子の世界で永遠に存続すると考えたら
ロマンだろw うちゅうせんかんですよw
257:2013/07/02(火) 18:57:49.42 ID:
>>223
前にコンピューターのコラムで読んだけど
サイトを持ってた人が亡くなっても
サイトが残ってる場合、命日に成るとお墓参りみたいに
サイトに訪れず人が居るんだよな。ある意味、本人は現実に存在してなくても
ネットの中で生前の人格が残ってるというか存在感というか、非常に不思議では有るよなw
270:2013/07/02(火) 19:01:20.33 ID:
>>257
いきなりサイト更新が途絶えると主の死亡説が流される
全く掲示板は地獄だぜハーハハハハー
230:2013/07/02(火) 18:52:55.26 ID:
>>211
この間も10年前の「ロンメル銭湯兵の黒歴史」を見てしまって、すごく憂鬱になった(w

>>212
まさか処断部隊を串に刺して・・・(w

>>213
それは凄く大きいと思う。
身内感覚なのに、実際は全世界へテレビ中継みたいなもの。

>>214
立った立った! フラグがたった!
212:2013/07/02(火) 18:48:14.52 ID:
>>201
私はすでに実名と住んでいるところをバラサレテーラ。

でも処断舞台は14年待っているけれどまだ来ない。w
213:2013/07/02(火) 18:48:16.19 ID:
>>201
自分が思うに、ツイッタで大失敗するのは
  「書いた本人は特定の相手に対してだけ発言してるつもり」
なんじゃないかな。 
隣の人に話してるつもりなのに、本当は場内アナウンスを使っていると言う感覚の差。
場内アナウンスだから、内容によっちゃ発言聞いて激怒する人も出てくる罠。
193:2013/07/02(火) 18:42:13.78 ID:
>>172
ここのホロン部は壊れすぎてて面白みがない
207:2013/07/02(火) 18:46:44.60 ID:
>>193
そりゃぁ、10年位上にわたってボコボコにされ、壊され続けた残骸ですし(w
209:2013/07/02(火) 18:47:21.15 ID:
>>207
ノム全盛期を知る者としてはちと寂しいものがある
218:2013/07/02(火) 18:49:52.52 ID:
>>200
最近SF小説書いてネットで公開したけど、そんな私も変態扱い?

>>209
1000年恨み節女王の出現で、これから面白くなりそうです。
選挙の時はムンタンに期待して、落選にがっかりしたけど、
今では彼女の行動に目が離せません(w
228:2013/07/02(火) 18:52:28.80 ID:
>>218
くねくねにはこう、華がない
芸人的な意味で


>>220
消したい過去はかなり多い。
困ったものだ…
232:2013/07/02(火) 18:53:16.59 ID:
>>228
ウリ、高校時代の文芸の文集に恥ずかしい中二病を患ったようなラノベが残ってる…w
243:2013/07/02(火) 18:55:12.37 ID:
>>232
さあ、うp
247:2013/07/02(火) 18:56:12.73 ID:
>>232
先生、小説とか漫画とかは、
  「書いた本人が赤面するぐらいがちょうど良い」
と思います。
でなきゃ心に引っかかりません。
251:2013/07/02(火) 18:57:15.87 ID:
>>247
それは言える。
248:2013/07/02(火) 18:56:24.03 ID:
>>232
ニムに兄弟はいるニカ?
258:2013/07/02(火) 18:57:58.70 ID:
>>232
さあ創作サイトにあぷする作業に戻るんだw
241:2013/07/02(火) 18:55:03.96 ID:
>>228
まあ、それはノムタンと比べたら(w
214:2013/07/02(火) 18:48:41.79 ID:
>>207
ホロン部A「俺、今期の契約期間が終わったら結婚するんだ」
175:2013/07/02(火) 18:38:08.47 ID:
>>155
専ブラで2ちゃんのログも記録してるし。
重要なカキコは別途ファイルにまとめてるし。
確かに異様だw
183:2013/07/02(火) 18:40:14.47 ID:
>>175
主だったコテはたぶん自分が使うAAをいろいろと蒐集していたりするでしょうしw

蒐集って書くと、リンカーコアを・・・・
194:2013/07/02(火) 18:42:50.25 ID:
>>183
名無しだけどAAはいっぱい集めてるw
189:2013/07/02(火) 18:41:45.82 ID:
>>175
見るとせつなくなる書き込みログw
152:2013/07/02(火) 18:31:56.44 ID:
>>137
一応中国というか、支那人にもそういう性癖はあった。
ただ、奴らは現王朝の正当性を保つ為に焚書するもんだから……。
171:2013/07/02(火) 18:37:00.17 ID:
>>152
どこそこに麒麟がでました
どこそこに毛が生えた亀がつかまりました
井戸を掘っていたら妙な生き物がいました
これは賢人がでる予兆だ天子さまが栄える証しだ世が乱れると

こんなのが集まったら、全部焼いてしまおうと思うのは当然だとか
121:2013/07/02(火) 18:21:45.43 ID:
朝鮮は世界で最も文を崇めた国であり、高尚な人なら誰もが文集を出した文学強国だった。

漢字も読めない愚民ばかりだからハングルという愚民文字ができたんだろ(笑)
識字率は日帝支配下で飛躍的に伸びた(笑)
日本は奈良時代に農民が歌を詠んで、歌集におさめられるレベル。
131:2013/07/02(火) 18:24:43.41 ID:
>>121
韓国では愚民と書いて、かわいそうなひとびと と訳すらしい
127:2013/07/02(火) 18:24:22.31 ID:
これだけ隣の国なのに、朝鮮文学なんて一つも有名なのがない
いかに文化の不毛の地か分かるよね
150:2013/07/02(火) 18:31:06.84 ID:
>>127
潜ったら、日本にも影響を与えたものは、いくつかあるらしい。題材は殆ど中国古典だが
だが、そのなかでも、朝鮮では散逸してしまっているものが何点もあるという。
まあ、そんなもんだろう
136:2013/07/02(火) 18:25:00.91 ID:
(上の句忘れ)
さらさらに
このこいとしき(by農民)

枕詞とかみてると昔の人のが、自分より頭ちゃんと使ってる気がする
146:2013/07/02(火) 18:29:16.40 ID:
>>136
多摩川に晒す手作りさらさらに
何がこの子のここが悲しき

だっけ?
140:2013/07/02(火) 18:26:30.45 ID:
驚異的な文盲率との整合性はどうするのであろうか?
羽柴前関白太上大臣豊臣秀吉のせいにするのであろうか?
144:2013/07/02(火) 18:28:15.42 ID:
>>140
大体秀吉と日帝のせいにしておけばいいニダ
154:2013/07/02(火) 18:32:23.17 ID:
(´・ω・`) わたしは朝鮮-韓国の文学なんて何一つ聞いたことも観たこともないわね。
162:2013/07/02(火) 18:33:51.57 ID:
>>154
朝鮮には「反日小説」という、
他の国では絶対に見られないジャンルの小説があるよ!w
173:2013/07/02(火) 18:37:11.05 ID:
>>162
(´・ω・`) へぇー、面白そうね。ぜひ読んでみたいけど・・・どうすればいいかしら?
196:2013/07/02(火) 18:43:09.47 ID:
>>171
虚実ないまぜになっちゃってるからなぁw
「もうめんどくせー」って焼いてしまうのも当然と言えば当然か……。

>>173
なんて言えばいいかな……。
まぁ主な成分は仮想戦記のようなものなんだけど、
前提を明らかに間違っていたりとか、作者も違うのに全てワンパターンとか、
まるっきり意味不明な設定やらあるから、
読むには値しないと思うw
156:2013/07/02(火) 18:32:40.07 ID:
朝鮮に歴史書って残ってるのか
158:2013/07/02(火) 18:33:21.42 ID:
>>156
1990年代に作られた歴史書とかw
178:2013/07/02(火) 18:39:18.30 ID:
>>156
三国史記と三国遺事って、朝鮮でも最古の記録らしいよ
166:2013/07/02(火) 18:34:13.10 ID:
○○シター!!
○○した ハズー!!

ラピュタってもしかしたらw
168:2013/07/02(火) 18:35:22.11 ID:
>>166
インドラの矢に貫かれてくださいw
176:2013/07/02(火) 18:38:34.31 ID:
文学の話となると・・・そうです有識者の私を忘れてはいませんか?m9っ`・ω・´)友愛!
181:2013/07/02(火) 18:40:01.30 ID:
>>176
恥を知らない有識者なんていらない
250:2013/07/02(火) 18:56:49.75 ID:
>>181
恥を知る有識者は自殺するのが古今東西変らずの定めなのであろうか?
265:2013/07/02(火) 18:59:47.98 ID:
>>250
陶淵明は、楚の滅亡を悲観して自殺したのではなく、昔書いたラノベをばらされたから自殺したと申すか?
272:2013/07/02(火) 19:03:22.56 ID:
>>265
屈原じゃないか
274:2013/07/02(火) 19:04:01.25 ID:
>>265
まさか屈原が汨羅江に身を投げたのは…。
295:2013/07/02(火) 19:20:37.80 ID:
>>265
>>274
ラノベも滅亡も恥という一点では同じではないだろうか?
301:2013/07/02(火) 19:23:25.45 ID:
>>295
今だと自分秘蔵のハードディスクを晒されるようなものか

10回は自タヒできるな
304:2013/07/02(火) 19:25:02.39 ID:
>>301
でもせっかく色々集めたり描いたりしたわけで。
死んだら形見分けするべしとか遺言書いておくのも手か。
308:2013/07/02(火) 19:25:54.98 ID:
>>301
未来人が日本遺跡を発掘すると、
蔵書処分やHDD消去の依頼が一杯あって、
古代史の謎になるのですね?
313:2013/07/02(火) 19:28:15.90 ID:
>>308
なんとなく、マクロスで描かれてた
  「超古代遺跡を発掘したら流行歌が出てきた」
ってのが現実になる予感。
317:2013/07/02(火) 19:29:29.20 ID:
>>313
デカルチャー
182:2013/07/02(火) 18:40:04.97 ID:
>>176
5%だった識字率をどう思う?
190:2013/07/02(火) 18:41:46.24 ID:
>>182
口承伝承文化ですね それは歴史を認識の一本の鎖で共有していた時代
文字が無くても文学はできるんですよm9っ`・ω・´)友愛!
191:2013/07/02(火) 18:41:51.16 ID:
まあ、宇宙関連物の命名の事例は個人的には少し羨ましいけどな。
日本でも「かぐや」とか「あかつき」とか趣があるものもあるけど、ひらがななのがちょっと。
199:2013/07/02(火) 18:44:35.04 ID:
>>191
のぞみちゃん(´;ω;`)
192:2013/07/02(火) 18:41:54.93 ID:
中華の底辺奴隷国の過去はそりゃ惨めだろ(笑)
馬鹿チョンは妄想で自画自賛する(笑)
206:2013/07/02(火) 18:46:28.35 ID:
>>192
清国に額ついても、朝鮮の性理学は世界一チィィィィ!!

ってやっていたんでもう染みついた習性かと
200:2013/07/02(火) 18:44:37.09 ID:
日本最古の小説がSF話ってのも、変態が変態足る由縁なのかしら?
203:2013/07/02(火) 18:45:21.16 ID:
金芝河よみませんか
あの人東海を日本海って読んでいるよ 日本の公演で
237:2013/07/02(火) 18:54:05.20 ID:
>>203
キムシハさん

「良心宣言」は非常に勉強に」なりました
225:2013/07/02(火) 18:51:12.03 ID:
ラノベぐらい作れよ。
234:2013/07/02(火) 18:53:41.66 ID:
>>225
作ったら作ったでそれが事実と認識されるのがウリナラクオリティ。
255:2013/07/02(火) 18:57:35.09 ID:
新しい私の黒歴史

http://rommel.good-info.info/rouseikyou1

少女が軍隊に連行されひどい目にあうファンタジー。
261:2013/07/02(火) 18:59:01.55 ID:
>>255
恥ずかしい?恥ずかしい?w
267:2013/07/02(火) 19:00:40.24 ID:
>>261
今、額から汗が滲み出るほど恥ずかしい(w
でも、どんな感想が帰ってくるかというワクワク感もある(w

これもネットの醍醐味(w
268:2013/07/02(火) 19:00:47.07 ID:
紙というのは古来とても高価で庶民にはとても手を出せない『金』より貴重な物だったのだよ
だから韓国でも『王の命令』で歴史を編纂する時にしか利用する事が出来なかったのだ
それをなんだって?高尚な人なら誰もが文集を出した?は?w

漢字を捨て歴史を勉強できないからソウル大教授(社会学)が
こんな世界に笑われる事を平気で言っちゃう
なんで恥ずかしい国なんだろうね
273:2013/07/02(火) 19:03:53.42 ID:
>>268
ソウル大の社会学の教授?

もしかして自分の書いた日記を読むのに、

辞書を持ってこないと言っていたやつかな?
282:2013/07/02(火) 19:11:59.81 ID:
>>273
無理して書いた昔の昔の英文が、
単語忘れちゃって意味不明?ってやつですねww
291:2013/07/02(火) 19:19:25.21 ID:
>>282
いや、ハングルで書いた日記。

オリジナル設定の文字で書いた自分のハングルの日記が、
ハングル辞典を持ってこないと読めないって。w


同音異句の文字がいっぱいあるんで。
日本でいえば「冥途参代鋤」とか「罰度塩度状党」みたいな書きかただったらしいよ。w
297:2013/07/02(火) 19:21:17.23 ID:
>>291
中二病満載なハングル日記とはスゲーな。
302:2013/07/02(火) 19:24:16.63 ID:
>>297
しばらく考えてやっとわかった。

メイドさん大好き と バッドエンド上等 ですね。
315:2013/07/02(火) 19:29:02.79 ID:
>>302
正解。w
284:2013/07/02(火) 19:16:27.00 ID:
一応言っておくと、朝鮮に限った話じゃないが、中華圏が文を崇めている傾向ってのは本当

ただ内実は、文武両道の欠如、武(経済なども含めた国力の実態)の圧倒的な軽視ってだけ

つまり、イギリスからの外交官が中華の礼に則って無いから、馬鹿にしつつ無視したら
アヘンで国はぼろぼろ、莫大な賠償金、領土迄ぶん取られましたってオチが「文を崇めた」ってことね
305:2013/07/02(火) 19:25:20.90 ID:
>>284
それが何故
>文学強国
に繋がるんだろうね。
320:2013/07/02(火) 19:32:28.05 ID:
>>305
たぶん文学強国の意味が日本と違うからじゃないかな

科挙とかそうだけど、中華圏の官僚=(出来はどうあれ)詩を作れる人・作る人だったから
西洋の役人官僚とは違ってこっちは云々、じゃないかなと

だから外交スピーチにも古典から引用した言葉をちりばめた美文を作れ
ロケットの名前もおろそかにするなに繋がると推測
325:2013/07/02(火) 19:35:35.24 ID:
>>320
なるほどね。
中国や朝鮮の話は、解説してもらわないと意味がわからないこと多いな。
294:2013/07/02(火) 19:20:12.39 ID:
韓国人はよくいろんな設定を思い付くなあw
296:2013/07/02(火) 19:21:09.79 ID:
>>294
問題は、その設定にいろいろ矛盾があるところだw
299:2013/07/02(火) 19:22:32.25 ID:
ぷっ

古代朝鮮は素晴らしかったニダと存在しない歴史を崇めるしか能のない国
314:2013/07/02(火) 19:28:17.47 ID:
>>299
チャングムも文献に一行「チャングムという料理人がいた」
て書いてあるだけなのに壮大なドラマを作って「これが事実ニダ」ってやっているし。


最近の研究ではチャングムという名前も昔は男につける名前だったってどこかで見た。w
319:2013/07/02(火) 19:31:35.36 ID:
>>314
あれを史実だと思ってんの?韓国の奴ら
日本で言う水戸黄門や暴れん坊将軍みたいなもんだと思っていたが
321:2013/07/02(火) 19:33:44.64 ID:
>>319
同じ将軍でも、ゴーショウグンでは無かろうか?
324:2013/07/02(火) 19:34:20.63 ID:
>>319
韓国のドラマにこそ「この物語はフィクションです」て入れないとね。w
326:2013/07/02(火) 19:35:38.01 ID:
>>324
このドラマはフィクションです。
登場する人物・団体はそのうち史実になります。
327:2013/07/02(火) 19:37:21.70 ID:
>>326
w・・・えないorz
300:2013/07/02(火) 19:23:07.00 ID:
韓国文学ってなんかあったっけ?
まったく思いつかない
303:2013/07/02(火) 19:24:16.72 ID:
>>300
毎年ノーベル文学賞候補にはなっているのだがね
310:2013/07/02(火) 19:26:19.58 ID:
>>303
韓国内で騒いでるアレ?
他の国は知らないだろ。
322:2013/07/02(火) 19:34:01.83 ID:
>>300
うんこバケツでスープ食べる詩
323:2013/07/02(火) 19:34:16.42 ID:
まあ俺もここで小説書いてるんだけどね。

http://syosetu.com/
329:2013/07/02(火) 19:40:10.63 ID:
>>323
コテで検索しても出て来ませんが、どの作品ですか?
337:2013/07/02(火) 19:45:34.29 ID:
>>329
コテではしてないよ。
完全に連想させないペンネームにしてるw
ぼちぼちと・・・・。

まあ、内容は東亜的なことがちりばめられてるねwどうしても。
自由と繁栄の孤とかセキュリティダイアモンドとか、対馬海戦とかw
343:2013/07/02(火) 19:51:45.55 ID:
>>337
だめだ、見つけられない(w
しかし面白そうなサイトだね。
私も「愛と青春のホロン部」でなにか書いてみるか(w
345:2013/07/02(火) 19:54:05.13 ID:
>>343
このサイトからプロになったっていう者多数らしい。
いわば登竜門?
347:2013/07/02(火) 19:58:19.69 ID:
>>345
登録者で32万超えだから、すごい登竜門だ。
問題はどれを読んでいいのか、わからなくなることかな(w
346:2013/07/02(火) 19:58:08.11 ID:
日本だと近代文学の偉人といえば鴎外漱石で、漱石はお札にもなるくらい
なんだけど、韓国の場合だと、そういう文豪って誰になるのかな?
353:2013/07/02(火) 20:03:44.99 ID:
>>346
科挙を取り入れた国家だと、物書き=落ちこぼれですので、
あと10年ほどお待ちいただけれは、なんとかなるかと思いますので。
359:2013/07/02(火) 20:10:00.40 ID:
>>353
散文書き=落ちこぼれ、じゃなくて?
まあ、詩人で落ちこぼれも一杯居るけど
389:2013/07/02(火) 20:43:06.65 ID:
>>346
鴎外漱石以外にもお札の樋口一葉、二葉亭四迷、田山花袋、国木田独歩、芥川龍之介、志賀直哉
ちょっと思い付いただけで、こんだけ出て来るぞ。
あと小説家の身分の話が出てるけど
二葉亭四迷のペンネームは小説家になりたいと言った時、親に言われた言葉を当て字にしたのは有名だ。
393:2013/07/02(火) 20:48:39.28 ID:
>>389
一葉のお札はすぐに消えたよね~ 花袋の自然小説は内容が内容だから
お札にするにはちょっと不適当な気がするなぁ。 芥川は自殺しちゃったしねえ。
独歩も死んだのが36とか若すぎるねw 志賀は大家ではあるが、文豪と
呼ぶのは躊躇われるなぁ俺はw
394:2013/07/02(火) 20:50:54.71 ID:
>>389
絶対鴎外のほうが面白いと思うんだけど
なんでか漱石の方が上に見られるんだよな

お札ってやっぱり強いわ
467:2013/07/02(火) 23:43:04.99 ID:
>>394
鴎外の人生が面白いのに同意するのはやぶさかではないのであろうか?

>>395
奴隷、下層民は収奪に耐えきれずにバタバタと死に根絶やしになり落ちぶれた上層民が新たな下層民になり収奪に耐えきれずに根絶やし…の繰り返しという実に微笑ましい天国に一番近い歴史だったという可能性はないのであろうか?
369:2013/07/02(火) 20:18:27.92 ID:
文学を高尚なんて言っているのは、本当の文豪がいなかった証拠みたいなもの
中世代は紙が高価だったために、特権階級(僧侶など)に限られていた為で
これは高尚などではなく、識字率と必要とする人々が限られていただけのこと

近代(日本だと明治から戦前ぐらいまで)なんかだと好色家や借金大王など
この手の文豪が日本だけじゃなく、世界的にも多いってのが現実だったりする
性格的にも壊れてる人が少なくなく、作品と人格は一致しないのがよく分かる

文学が高尚なんぞと言い始めたのは現代、それも1960年以降の事だ
朝鮮人はそういうことがわからないぐらいに文豪が居なかったってことだわな
372:2013/07/02(火) 20:21:43.86 ID:
>>369
吉行淳之介のエッセイで
「婿求む、帝大卒歓迎(文学部除く)」
って新聞広告が有ったって書いてあったなw
374:2013/07/02(火) 20:24:31.26 ID:
>>369
文学者ってのは、ただの遊び人のあつまりだってのは、明治時代に
内村鑑三が喝破しとるなw
460:2013/07/02(火) 22:56:18.90 ID:
>>468
印象に無いわねぇ・・

精々春香伝内の漢詩位?
http://yosihisa.jugem.jp/?eid=355
元スレ:http://www.awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372754389/
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 朝鮮 文学 韓国

2013/07/02 15:43 | 歴史問題COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。